読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 以前は噛み応えのあるものが大好きって言ってた。ドイツパンみたいな硬いパンとか、ごぼうとかれんこんなどの根野菜とか、皮つきのリンゴとか。米だと玄米。ガシガシムシャムシャ噛みしめて食べるのが大好きだったのに。ふわっと口の中でとけてオイシイですねーとかありえんと思ってた。食べた気しないものは損した気分になってた。

 

 ところが最近は噛むのがとても億劫。やわらかいうどんや中華麺など、噛まなくてもお腹に優しく収まる麺類がいい。もともと私の好きな麺類って蕎麦なんだけど、実は噛み応えがあるのね。今は食べる気しない。雑炊とかお茶漬けって米をふやかしていて食べやすいようだけど、粒がかたくなに米のまんまで胃腸を通過しそう。おもゆぐらいにドロドロだったらいいよ。

 

 老化だと思う。父が60歳過ぎた時にきゅうりの皮が硬いから取ってくれ、って母に頼んでて、それを聞いて私はびっくりした。だって、父は私以上に硬いものを食べるのが大好きだったから。那智黒あめを歯でガリガリ砕いてたくらい。その遺伝子を私が受け継いでいたんだよね。どうでもいいけどね。

 

 でもでもやっぱり、できるだけ固形物を食べるようにしてる。お昼はお弁当持って行ってるから強制的。甘えるな!噛め!って言われてるような気がして食べてる。その分、夜は甘やかして麺類を食べてる。この機会に麺類をいろいろ試してみようかな。乾麺から冷凍麺から生麺まで。できれば「キイソバ」以外で。「キイソバ」はどう考えても美味しいんだもん。これから夏だしね。美味しい麺類探そう。

 今日は黙祷みたいな一日。希望出してないのに仕事が休みで、仕事してたほうがよかった。気持ちに隙間があるのはいいのだけど、ありすぎるのは怖い。夜の6時半から始まる天王寺でのヨガクラスに行ってきた。久しぶり。やっぱりよかった。

 ヨガって、ポーズを覚えたらどこでもいつでもできて、自分でマッサージしてるみたいだから好きだと思ってたけど、いつの間にか自分の中でこれでええやろ的な感じになってた。クラスを受けるとああ、もっとスローペースじゃないと。呼吸と動きを合わせないと。とか。

 ついつい効率よくはぶいてたものはヨガとしては美味しい部分で、はぶいちゃだめだったりする。私の場合はクラスを受けるのが大切で刺激的。

 

 可愛い女の子たちの話。今日で終わりらしい。見届けたいって思ってたけど、有給がうまく取れなくて。辛かった私を救ってくれた。可愛くて面白くてかっこよくてびっくりした。


The Cardigans-Cloudy Sky

  今の職場で一番好きな先輩とは、桜が咲く時期にメールをお互いに送るのが暗黙のルールになってて、私は近所の溜め池の周りの桜、先輩は自分の家の近所のお城にある桜を写メで送ってくれる。それと同時におすすめしてくれた本。

 

amzn.asia

 田舎の古民家や町の古いアパートなどを借りて書店、古書店などを開店した女性たちのさまざまなケースが載っていて、こういうのを読むと「自分のやりたかったこと」とか「自分のペースで」とか出てくる。でも私はそういうのが苦手。自分の個性を出したくないので、こんなふうに突き詰めてやってるのが羨ましい。あと「使命感」。私はその場でそれなりに収まれば充分満足するけど、もうちょっと考えた方がいいのかな。急には思いつかないけど。

 「楽しそう」より「大変そう」の印象が強い内容だけど、「一箱古本市」って言葉が出てきて調べたら、うちの近所の商店街にもたまにやってたりするらしくてこれはおもしろそうと思ったけど。これも大変だよね、きっと。

 今日は休日で、天王寺へ買いものに行った。去年までは通っていた心療内科天王寺だったので薬もらうついでに買い物をしてたけど、今はわざわざ出かけないといけない。買ったのは仕事で着るカットソーと靴、シャンプーと本。本はネットで買わないようにしてる。ネットだと気軽に買ってしまって結局、読まない本が増えるだけ。本屋で買うことにしたら、棚に並んでいるのを見てやっぱりやめとこうかなって、買いたい本がかなり減る。持って帰るのも大変だし。

 いつも行く雑貨が置いてあってカフェが併設している本屋はすぐにポイントがたまる。今日も一枚すぐたまった。ポイントがたまるとカフェでの飲食代が250円引きになる。オムカレー美味しかった。

 春だからか毎日とても眠い。

 自分が原因だとよけいに落ち込む期間が長くなる。ほかに理不尽な思いしてる人がいっぱいいるんだから、って頭切り換えようとしてもすぐに元に戻ってきてしまう。

 

 職場の人や家族とは普通に接してるので大丈夫。ただ自分の部屋でも押し殺してしまうと歪みがまた増えそうなので、好きなだけ解放して。季節が冬じゃなくて春でよかった。