6月のThe ピーズの武道館帰りから音楽を聴かへんようになった。理由はわからんけど、掘り起こすほどのもんでもないし。それくらいよかったねん。

 

 音楽聴かんと死ぬってわけちゃうし、どっちかっていうとめんどくさいことがなくなってよかったんちゃう?って思うことにした。

 

 でも、たまにええ感じ曲ないかなーって探したりもして。

  

 今朝、目覚めたら高波慶太郎さんの曲が無性に聴きたくなった。この衝動は数年前から何度も発作的にあった。

 

 きっと音源をちゃんと買ってへんからや、ってアマゾンで今買った。あと、毎日曜日にラジオをやってはる。さっそく、今日、タイムフリーで聴きました。楽しみが増えました。

 なんか私、いろいろ間違ってるみたい。

 でも何が?て言われたらわからへんねん。

寝ても覚めても

寝ても覚めても

 

  主人公の女の子が最後のほうで起こすエピソードに対して、アマゾンレビューやブグログなどでは「同感できません!」って言う人が多くてびっくりした。確かにあかんよ。あかんけど、作品内ではお友達から嫌われるってことで制裁受けてるわけやし。でもやっぱりあかんのかな。

 

 この作品が今度、映画化されるらしくてHPができてる。そこで柴崎さんがコメントしてるのを読むと、評判を汲んでのコメントなんかなって思う。

 

 恋愛小説苦手な人ほど好きになる作品やと思う。建物から登場人物にズームインする風景の描き方とかホンマステキです。

 

 

 

                 回答

 ①もしできるんやったらしてみたい。こんな幸せなことはない。でも。

  自分でジャッジしたらあかんやろうけど見た目と中身、特に中身のこじらせ具  合、ひどい。普通に無理やで。

 

 ②5月に私のことらしきものがネット上にあがる。

                ↓

  ネットに上がったってことはあの時に一時的に感情的になってしまったってわけじゃないんや。今までのやりとりは何やったんや(怒)!

                ↓

 ちゃうちゃう、私が一方的に思ってただけなんやわ・・。ほんま、気持ち悪い思いをさせて申し訳なかった・・。(←いまここ)

 

 回答は①と②どっちもです。

 最近、私のことPTSDっていうけど、それってなんなん?

 

 このブログを始めた最初の記事が「会食恐怖症」やねん。トラウマがあって、発作起こしてしまう。私は自分がPTSDって自覚あるで。

 

 数年前。どんな時に発作起こすんやろーっていろんなシチューションを思い浮かべてみた。で、それっていつものことなん?そうでもないんちゃう?ってことがわかった。で、そのシチュエーションを避けたらどうやろうって思った。人間関係にちょっぴりさしさわりはあるけど、たいしたことない。避けたら発作は起こらないわけやから、クリニックでもらうSSRIとか安定剤とか飲まなくてもいい。

 

 私はそっちを選択したねん。緊張すること発作起きそうなことをすべて避けるっていう選択。

 

 あと、実際にここぞって時、人前でマイク持ってしゃべらなあかんとか、そういう時に頓服でデパスやら薬をかじっても発作が起こってしまっておさまれへんかった。頓服が効くってたぶん、人とかタイミングによるねん。

 

 ただ、最近のメンタルもあいかわらず上げ下げ激しいから。メンタル定期健診を受けなあかんと思いました。誰かに客観的に見てもらわないとね。

 

 

 

 

 

  

 今日と明日の2連休。久しぶり。

 どこかへ行く予定はまったくない。何もしたくない。ほんとはできれば部屋のいらないものを捨てたりをしたいけど、そんな気力がない。今日は一日中、フローリングの床に寝っ転がって本を読んでた。冷たい床は気持ちいい。ちょいちょい、うたた寝もした。満喫。明日もたぶん同じように過ごします。

 

 ほんとお前は自分が傷ついてることばかり書いてるなとか思われて。この歳で私何やってるんだ。落ち込んだ。私なんかどうでもよくて。もっともっと楽しいことを大切にしないと。信用してくれる人を裏切ることになる。