携帯伏せの状態

職場の社員さんは忙しすぎて、自分の持っているものをすぐどこかへ置いたまんま、違う用件を対応するので、「あれ〜?どこやったかなぁ・・。」と何かを探していることが度々あります。とても信頼できる方ですし、私のコーナーの長でもあるのでクレーム対応やらなにやらで頭がパンパンなのです。で、一番よく探されているのがご自分の携帯です。「あれ〜?どこやったかなぁ。しのよくさん、知らん?」と今日も聞かれました。
実は以前、レジの下を何気なく見てたら二つ折の携帯が開いた状態で、それを伏せて置いてあるのを見ました。そんな状態の携帯電話は見たことがなかったので「なんだこりゃ?」と見なかったことにしたのですが、社員さんが「ああ!!あった、あった。」と携帯電話は社員さんのものだったのですね。で、今日もレジ下をみると携帯電話が伏せの状態でありました。開いた状態で伏せて置いておく、というのは一体どういうことなのかわかりませんが、社員さんの癖なのだろうと思います。ほったらかしてある、という感じで置かれているのではなく、その社員さんの極め細やかさがあらわれている「そっと携帯を置いている」状態です。その社員さんはお客様に対して、部下に対して、本当にそういう態度で接してくださる方です。私がお年寄り好きで接客してその社員さんに値段交渉をする時、社員さんは時間を惜しまず対応してくれます。いくつになっても尊敬できる人と出会えて幸せです。