鯛アラのセロリスープ煮


「KU:Nel」の本にある方が作っていた料理を自分なりに(レシピとか載ってなかった)作りました。今回が2回目です。もともとアラ煮は大好きで何度か作ってたのですが、なんせ1人暮らしですのであまって次の日、となると食べる気がなくなるのです。アラ煮は表面だけ味がついていて中は真っ白なフワフワな身、ってのが好みなので、次の日食べると中まで味がしみ込んでしまってだめなのですよ。前回作って、あまりに美味しいスープだったので、今回は多めに作りました。今日のお昼は先週、玄米炊くのを失敗したヤツをこのスープで雑炊にしました。パスタを入れてもいいですし、アラってほんとうに美味しいです。
作り方はニンニク、玉葱、セロリをオリーブ油で炒めて水を入れて霜降りした鯛を入れて煮込むだけ。
鯛を食べると昔、父親が「鯛は中に小さい鯛がおるねんで。」と鯛の形をした小さな骨を見せてくれました。