健康診断


社会人になってから初めてちゃんとした健康診断を受けました。病気になった時、それから一年後の血液検査以来です。一番、私が心配だったのはバリウムを飲むことです。職場の人たちから「ゲップをしたらあかんらしいで。」とか「イチゴ味とかいろいろ選べるらしい。」とか、情報をもらえばもらうほど、心配になってきます。
で、午後からの診断で知ってる人が行った事があるという健康センターへ行きました。まずは尿検査だったのですが、私はたった5分前にトイレに行ったところでした。トイレに10分ほど閉じこもったあと、トイレの奥にガラスケースがあり、その奥に人が立っていたので「すみませんけど・・。」と事情を話すと別にいつでも尿検査はかまわない、とのことでした。そのあと、血液検査です。注射は大嫌いなのでいつもそっぽを向いてます。続いてレントゲンを撮って、心電図を撮ってバリウムです。今までの流れが唐突なものばかりでしかも次々とこなさないといけなくて、緊張がピークに達していました。看護婦さんに粉末と液体を飲まされて、台の上でグルグル回まわされて、なんでこんなことで休みを潰さないといけないのか、とへこみました。
ま、そんな感じで私なりに労をねぎらいがてら、夜は美味しい魚屋さんでまた、魚のアラを食べました。