僕らはたった一人

3本指に入る、大切にしている人からDVDが届きました。スペースシャワーでやっていた上田現さんの追悼番組です。涙、涙で見ることができなくなるかと思いましたが、ライブの模様を普通に楽しく見ていました。時々、ウッとなる瞬間があるのですが、それは、いろんなミュージシャンが上田現さんについてのコメントをしている時です。
そうなんですよ。
去年、京都でソロライブがあったり、レピッシュの20周年ライブがあったり。そういうのはまったくチェックしてませんでした。アルバムが出たら買う。それだけでした。人が亡くなったら急に盛り上がるってのも申し訳ないけれど、マグミさんのコメントが一番、すんなりしました。寂しさを超えて悲しさのほうが勝っている。
本当に悲しいし、まだまだいっぱい曲を聴くことができるはずだったのに。ありがとうとかやっぱ、思えないです。しょうがないことだけど。
メロディだけ聴いても、歌詞だけ読んでもなんとも思わないんだけど、それらが重なった瞬間、不思議と映像が湧き出てくる曲。そんなマジックをリアルタイムで聴いていて、年取ってちょっと遠のいていて。それだけの話なんですよ。