いい加減怒られる

早番で弁当を詰める余裕(時間じゃなくて心)がなかったのでコンビニで「京うどん」という細いカップ麺とおにぎり(鮭)を買ってお昼に食べました。職場近くに美味しいパン屋さんをみつけて、お弁当じゃない時はそこでサンドイッチを買おうといつも思ってたのですが。数週間前にサンドイッチと惣菜パン(上にブロッコリーときのことペンネが乗っていてチーズがかかってた)と、クラムチャウダーのカップスープを買ってお昼に食べたら、あまりの炭水化物と、水分の足りなさすぎで、おなかが張って大変なことになりました。職場の人たちには単純に食べすぎと言われたのですが、パンよりご飯の方が一杯食べてもおなかは張らないです。というわけで、パンは仕事の合間のランチには食べないことにしました。
夜は魚料理のお店に行きました。なんで夜になると魚が食べたくなるのかわかりません。魚料理のお店はとても忙しそうでした。いつもはカウンターに座るのですが、カウンターはいっぱい。4人がけの立派なテーブルだけがひょっこり開いてました。マスターがそこに座っていいというので、人数は私を入れて2人しかいなかったので申し訳なかったのですが、広々と座らせていただこう、と4人がけのテーブルにマスターの顔がよく見られるように横並びで座りました。家族ゲームの食卓シーンみたいに座ったわけです。そしたらバイトの女の子が私たちの前、誰も来ない席の前に小皿とお箸をセッティングしました。「・・マスターが端からからみたらおかしいから、置いとけって・・。」とバイトの女の子は申し訳なさそうに言いました。
お刺身盛りの食べ終わりのお皿に女体を作ったりとか、忙しそうなマスターにあほなことばっかりするのが大好きなのです。すみません。