世の中は私以外の成分で作られている

 今日は早番。寝てるときにずっと扇風機かけてました。暑いです。起きてすぐにエアコンかけました。支度してる時はなんともなかったですが、出勤途中でもう、辛くてイヤになりました。こういうのはほんと、私だけじゃないはず。これから張り切って仕事するぞ!って気合いれたいのに。

 仕事は今日は事務所内での作業。ただ、期末テストの時期でワイワイと学生さんたちで賑やかになっていたので、いろいろ理由をみつけてはカウンターへ。ずっと座ってると、焼うどんの東ちゃんみたいに足がバタバタしそう。自由になりたいの。

 

 2日前のブログで「関西弁の文章は関西人が読んでも苦手な時がある」て書いたけど、これは北条かよさんのツイートを見てのことです。書いている内容自体は苦手とかじゃない、まったく関係ない。かなり前に川上未映子さんの「わたくし率イン歯ー、または世界」を読んで、関西弁ってうるさい文章だなぁ、と思ってから町田康さんとか、とにかく関西弁の文章が苦手になっちゃった。私がブログで書く関西弁はウザい感じを出したいため。

 田辺聖子さんのほっこり船場大阪弁は唯一大好き。今や希少価値の高い大阪弁

 

 ってなんでこんな中途半端な形で2日前に「関西弁うんぬん~」を書いたんだろうと反省してます。本人が読んでるかもとかそんなんじゃなくて、私がこのブログの書いてる意義としていやなのです。意義ってえらそうだけど、ほかに思いつかなかった。もっとチャランポランなかんじです。

で。ほんとは別に書きたかったことがある。とってもとっても辛そう苦しそう。