読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  目覚めが暑くて汗かいてて、不愉快な気分で起きる。体がだるくて痺れてる。せっかく寝たのに疲れがとれてない。

 これが10月まで続きます。遅番出勤は家を出るのが10時30分で11時15分には職場に着きますが、その間の灼熱地獄、せめてサングラスかけて日傘さして、入道雲を見て、お盆に田舎のおばあちゃん家に行った気になろうとしました。ちょっとだけなった。もうちょとしたら蝉の鳴き声がする。

 私は季節性のうつ病もちょっとあります。自律神経がやられてるので、気温の変化に敏感なのです。でも今年の冬は思ったよりうつっぽくなかった。2月終わりから4月にかけてのほうがひどかった。だんだん、よくなってるのかな。

 

 冬はどんなにがんばっても外側にエネルギーが向かわず、内に内にこもってしまって何もしたくない状態だけど、夏は必要以上にエネルギーが勝手に外に放出されてる気分。疲れる。なので、なるべくひとりになることができる時間は静かにしよう。一日、10分から30分くらい、PCもスマホもみない、本も読まない、何もしない時間を作る。去年の夏もそうして乗り切りました。

 あと、夏になるとレゲエとかじゃなくて、ポーティスヘッドが聞きたくなるのはなんでだろう。


Portishead - Sour time (full version)