今日は休み。久しぶりに暑い。今日も父母の買い物に一緒について行って私は私で材料を買いました。一人暮らししてた時に自炊を始めたときもそうだったのですが、最初あれこれ思い浮かんでなかなか作りたいものが絞り切れなくて、作ったけどなんかやっぱ違ったわ、ってことを繰り返すうちにだんだん、自分とピントがあってくる。なので今は「これが食べたかったんじゃない・・。」とか「期待してなかったけど意外といける。」とかそういう時期です。自然と食べたいものと作るものがあってくる。

 母親って子供にご飯を食べさせる生き物なのですね。自分で作るようになって最初の2日間、母は今まで通り私の分のご飯を用意していたので、いらない理由をもう一度言ったのですが「出したら食べるかと思って。」と言われました。私がおかずを作る理由は母が作ってくれる量だと足りないから、プラスで作ってるんだと勘違いしてたようです。で、次の日も私の分のサンマを焼いた状態で無言でスッと出されたり。そのつど断るのにすごくエネルギーがいります。その歳で実家にいさせてもらって何わがまま言ってるんだと思う人もいるだろうけど、それは私を無視した考え方です。