今日も遅番。京都に生うどんちゃんが来てるのをツイッターで見てすごく歯がゆかったです。仕事のシフト上、急に休んでOKなのは忌引のみ。もっと職場で権力をつかんで「私、明日おやすみいただいていいかしら?」って駆使できるよう仕事頑張ります!ちなみにちょっと前に天王寺に東さん姉妹が来るって情報があってすごい喜んだんですけど。いつか来てほしいな。

 ちょっと前から職場の閉館30分前に来る利用者さんがいて、私のやってる仕事の資格をとるため大学の通信教育を受けてて、その課題レポートを書くためにいろいろ聞いてくる。で、私はこの人を対応するのが今日で2回目なのですが、とにかく何言ってるのかまずわからない。専門用語を並べて「だよね。」っていうしゃべり方をする。で、がんばってその人が欲しそうな本を見繕って渡すのですが、普通だったら対応した利用者さんの反応は「ありがとう。」って本を借りてもらえるか「違う。」ってことで別の本を探すことになる。でもその人は「で、この本のどのページ見ればいいわけ?」って答えまで考えさせるのですよ。でもそれで実際に「こうなんじゃですか~?」答えてその人が課題提出しちゃって先生から✖くらった時に「あんた、答え、間違ってたんだけど!」てどなりこまれたらたまらない。なので私のやり方はふんふん話を聞く。答えない。長くしゃべってもらう。話がポイントとずれたらよし!方向をそっちへ持っていく。最後は「ここにはそういう資料はないみたいなんです、すみません。。」て言って他の施設からそれらしく答えがあるような資料を取り寄せる形にして答えを先延ばす。この人は私と同じくらいの歳の女性で境遇もたぶん似てる。結婚とか子どもいるとかそういうのを匂わせないファッションで、この間はホットパンツで生足だった。今日は革ジャン。今でこそもう着たいとは思わないけど、20代、30代は「私は革ジャンを着てはいけない。」って思ってた。女の子が革ジャン着ていいのは条件がある。今日、この人に「ねえ、こういう課題とかって懐かしいって思う?」とか言われた。思いません。でも中学、高校の時の休み時間に友達数人とダウンタウンのテレビやラジオ、それぞれ好きなバンドがかぶることはなかったけどバンドブームのバンドが好きだったってことでバンド雑誌を回し読みしてたこと。は、懐かしいです。