読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 今日は早番。曇り時々雨。気温高め。

 

 昨日の墓参りでの日帰り旅行がこたえてしまいました。車に合計8時間って辛いわ。プラス甥っ子に対してあいかわらず全力で遊んだってのもある。エネルギーを瞬発的に

使うのやめよう。お昼の弁当でみそ汁飲むまで死んでた。

 

 仕事は人手不足な日だったのでカウンターを中心に働きました。

 私と同じくらいの歳で、今まで何人かの男性とつきあって、でも今、結局結婚してないし彼氏もいないってのは「こじらせてる」ってことになる場合があるけど、これがもしフランス人だったら「たくさんの恋愛を経験してきたわ(アンニュイ)。」になると思うの。私はこれでいこうと朝思ったよ。いいじゃんこれで。

 

 また全然話が変わるけど、私がやってる流派のヨガでは先生が生徒に「寄り添う」ってよく言います。生徒がポーズをとるといろんな感覚や感情がわきおこって、生徒が混乱することがある。それを先生は「受け止める」んじゃなくて「寄り添う」。あなたのことを理解できないこともあるかもしれないけど、この場であなたを見守ってます。崩れてしまった時に手を差し伸べる努力はしますが、間に合わないかもしれませんがでもあなたがこの場で起こってることを私は見ています。

 実は先生のこういう姿勢はとても安心できるのです。直接、ああだこうだ言ってくれないの?ほんとにこれであってるの?って歯がゆく思う生徒もいるかもしれないし、私が実際そうだったけど、でも実はこの感覚を一度を味わうと、こっちはとことんまで委ねることができる。委ねることでヨガの世界をもっと堪能できる。なぜなら「寄り添う」を前提にした関係だから。いくら委ねても相手に負担がかからないってのがわかるから。委ねるのは先生に対してじゃなくて先生が作ってくれたこの空間この時間。