今日は休み。起きたら寒い雨。空が白くてせつない。朝からこの歳でまだこういう感情起こるとか、元気でばかでいいことだよ。

 私は30代で自炊するようになってから野菜や豆腐など地味な食べ物がだんだん好きになってきたのですが、今年は特に大根がおいしい。数年前、カレーにじゃがいもの代わりに大根を入れた時にとても感動した。じゃがいもよりも触感が軽くてほろ苦くておいしかった。あと、焼き魚に添える大根おろしはこぶし一個分くらい山盛りじゃないとヤダ。ちょっとまえから自分の分のおかずを休日にまとめて作るようになって、今のローテーションはブリ大根か、大根と薄あげの煮物か、洋風おでん(大根はいってる)。もう一品は大根おろしと納豆が多い。毎日違うものを食べたいってのがほんとない。気に入ったらずっと同じもの食べてる。音楽とか小説とかもそう。ずっと同じものを繰り返すのが好きで飽きない。

 

 死にたくなるとか今まで一度もないわーって言うのはウソで、心底疲れてもうラクになりたくて自分のすべてを止めたくなる気持ちになることがたまーにあって、でもまだ若さと体力と呑気さで乗り切れてる。ほんとは疲れる前にとことん休まないといけないんだけどそんな世界で生きてない。

 ちょっと前にあるものに触れて「わ、これは死ねない。宝物にしよう。」って心の中でとっておいてるものがあって。で、これから先、この宝物のことを思い出したら乗り切れないことないんじゃないか。と同時に、私が今まで触れたもの、音楽とか小説とか映画とか漫画とか、宝物になるものが他にもきっとあるはずと思ってここ数日探したら4つあった。だから全部で5つ。実際にその時になってどういう心情なのか、どれがほんとに使えるものなのかわからないけどそういうものを準備するのとか楽しいな。年末の大掃除してたら、昔読んでた雑誌が出てきてその当時の自分にタイムスリップするような楽しさ。