読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 今日も休み。朝、雪みたいな雨が降って、お昼に辛ラーメン食べてたら晴れてきた。朝は調子よかったけど、昼から体がだるくなってきた。

 

 私が結婚したいなと思ったのはおすすめされたのもあるけど、その後、両親を何となく見てたら結婚ていいなと思ったから。両親は68歳、67歳で、いつもなごやかな関係というわけじゃない。キッチンに母のTV,隣の和室に父のTVがあって、普段はおのおので見てる。で、たまに何かの拍子に一瞬、言い合いになることがあって、でもすぐにシャッと止む。だからと言って仲が悪いわけでもなく、毎朝、9時45分に2人は車に乗って近所のスーパーへ行く。特別な用事や予定がないかぎり毎日2人揃って出かける。

 もう好きとか嫌いとかじゃなくて、生活のハリみたいなもの。自分一人だけのご飯作ったり洗濯したりするのと、家族の分も担ってやるのでは全然ちがう。歳が歳だから今は仕事してなくて、だから余計、何かのために何かをして、それによって生かされてて。今の私の歳だと音楽とか本とか、ドラマとか漫画とかなんでもいいけどそういうものが自分の原動力になったりするけど、歳取ると感覚が鈍くなって効かなくなるような気がする。で、そういうものよりも身近な人間の直接的なものが沁みやすくなるんだと思う。家族という構成員を作りたくて結婚したいんだよ。

 

 今、読み返したらとても可愛くない理由なので、もし実際に結婚したい理由を聞かれたら「結婚したらぁ~、旦那さんのためにぃ~、おいしいお弁当作りた~い!」って言うことにします。こういうの大事。