読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 今日は休み。朝は晴れてたので洗濯したり、スーパーへ父母と一緒に行ったり、図書館へ予約してたものを取りに行ったり。昼過ぎに入院してる祖母に会いに行きました。今日は「おばあちゃん!」って呼んでも目をあけてくれず。ぐっすり寝てました。また会いに来る。

 

 家に帰って来てから雨が降りました。自分の部屋のこたつに潜って小説や料理本を読んでました。ヨガを始めてから小説は好きな作家の最新刊以外、読む気力を無くしてたのですが、最近、読みたい気力がわいてきた。そして面白いと思ったらどんどん読むスピードを落として何度も繰り返して読むのが大好きなのです。サクサク読む数をこなしたほうがいいのはわかってるけど。音楽も何回も飽きるまで聴くタイプなので。

 

 私が好きな小説やエッセイは普通の人があるできごとでどんどん狂っていくとか、狂ってる人にしか見えない情景が描かれているとか。「正常と異常のはざま」。どっちがどっち?どっちも狂ってる?っていうのが好きなのです。で、小説やエッセイはそういうのが多いと思うのですよ。映画もそうだと思うんだけど。珍しくない。

拳闘士の休息 (河出文庫 シ 7-1)

拳闘士の休息 (河出文庫 シ 7-1)

 

  ボクサー、ベトナム戦争、ドラッグ、病。アメリカンニューシネマみたいな。スピード感のある文章でブイブイ。短編集だし読みやすい。


TRACE - Honey (Official Audio)

 ていうか。「小説読まない人ありえん」とかないし。読みたい人だけ読んだらええんちゃうん。