今日も遅番。とても日差しが強くて日傘とサングラスがいるくらい。

 

 私は棚に並んでる本が斜めになってるのが大嫌い。たぶん私と同じ職業の人のほとんどは嫌いなはず。で、私の職場はまだ新しくて棚のスペースに余裕があるので斜めになりがち。上からひっかける「ブックスタンドみたいなの」があって、それをかまして本をまっすぐに並べています。

 私がたまたま用事でフロアに出た時に、本の斜めを発見したらすぐに事務所に戻って「ブックスタンドみたいなの」を取りに行ってサッととりつけてまっすぐにする、というのをいつもやってたら、いつの間にか半分以上のスタッフが当たり前のようにやってくれるようになって。ひそかに喜んでたのに。

 

「ブックスタンドみたいなの」はとりはずしができます。なのでその棚が本でキューキューになった場合、その「ブックスタンドみたいなの」をはずすとその分、棚のスペースにちょっとだけ、5ミリほどのスペースができます。今のところ外す必要はないはず。

 でもそれをはずすスタッフが現れた。3月の中旬からよその施設からの異動で来た人。棚整理を頼むと5つくらいはずしてくる。で、はずすんじゃなくてその棚の下や上にスペースが空いてるからそこに移動させて、うまい具合にいい見栄えにしてくださいって何度も言ってて、実際にこうやってくださいって目の前で2回やったのに。「はい」って返事してもわかってないみたいで今日も4つはずしてた。棚は利用者さんが借りていくのですぐにスペースができます。で、その棚の本は稲穂のように斜めになる。

 よく考えたら全然たいしたことじゃないしミスとかじゃないから、上司に冗談ぽく言ったけど。最近、思ったのは自分がこうしてほしいっていうのを伝えるのがとてもへただなってこと。