最近、ブログを書いてて楽しいのが、どこに大阪弁を入れるかってこと。しゃべってる調子で「やん」とか「やねん」をそのまま書くと、耳元でがなってる感じになる。うるさい。ほどよくチョン、チョンって文章のすき間に散らばせて大阪弁を入れるのが楽しい。ほんのりさせる感じ。理想は柴崎友香さんの日記の文章。せっけんの匂いがするお姉さんみたいな文章。

 

 今の時代はそんなことないと思うけど、私が20代前後の頃。地方から来る人ばっかりの学校に通ってた時。大阪弁ってだけでおもしろいことを言ってるんだって勘違いされて、私の話を笑う人がけっこういた。日常会話をしゃべってるだけやのに。もっとめんどくさいのが、おもしろいことをしゃべろうとしている私(実際はおもしろいことをしゃべろうとしていない。大阪弁でしゃべってるだけ)が全然面白くない時の、その話を聞いてる人の反応。寂しかったわー。

 

 でも地方の言葉って楽しい。好きやな。