今夜は、1~2カ月に1度ある、前職場で仲よかった人達との飲み会。いつもは、寒い日に「寒いわ―」って私のほっぺたで手を温めるマダムか、家族の事情で北九州に帰ってしまったマダムのどちらかが飲み会をまとめてたのですが、今回はとても珍しい、10歳年下だけどとてもストイックでツンデレな上司。前の職場ではお昼に一緒に食べたことない孤高の人だったのですが、ある時期からマダムたちの飲み会で一緒になる機会が増えて。で、この上司もヨガが趣味で、どんなヨガをするのか聞いたらアシュタンガヨガというとてもきっつい種類をやってて。私もヨガをするから親近感がわいてくれたのか、今回飲みに行きましょうということになりました。メンバーは私以外にも2人。一人は好きなひと。もう一人は初めて一緒に飲む新人の人。

 

 お店はみなみの俺の~シリーズのフレンチ。実は5月にマダム2人を含めた総勢8人で行ったことがあって。席に着くなり飲み物をそれぞれ注文して。そして一気に「まずは」で11皿の料理も同時に注文。魚のなんとかポワレだの、牛肉のフォアグラがどうたらだのを運ばれるたびにすべて手際よく8等分!誰に言われるでもなく皿を受け取った人がやる!日頃の仕事っぷりやら連携体制がここで発揮されてました。

 8等分の一切れの量。スプーン一杯の一口を延々と食べてた感じ。ですが物足りなさがまったくなかったです。フレンチって自分から食べたいと思ったことないし、知人友人などの披露宴でたまたま食べただけでしたが、ちゃんとしたのを食べたらやっぱりおいしいんやろなて思いました。

 おいしかった。バターを使った料理が食べたかったのです。

BUTTER

BUTTER

 

  先週読みおえて。さすがに夏の暑いさなかにこってりバターを買いに行きたいとは思わなかったけど、バター料理ってなんだ。おいしそうすぎる。この作品はそれだけじゃいけど。料理を作る家族の分担の在り方とか、料理を自分で作るという発想ができない人とか。

 

 

昨日の日記の終わり方だと、このままどこかへ襲撃に行きそうな勢い。どこにも行かないです。